メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院補選

2区で告示 解散・野党共闘に影響

候補者陣営の応援演説を聴く支持者たち=福岡県久留米市で2016年10月11日午前10時19分、須賀川理撮影

 衆院東京10区、福岡6区両補選が11日午前、告示された。福岡6区は自民党の候補者調整がつかず保守分裂選挙になったが、安倍晋三首相は両補選に勝利して安定した政権運営の継続を目指す。民進、共産、社民、生活の野党4党は選挙協力で合意し、両選挙区で民進党に候補者を一本化した。補選の結果は、首相の衆院解散戦略や次期衆院選での野党共闘のあり方に影響しそうだ。いずれも23日に投開票される。

 東京都知事に転身した小池百合子氏の後任を決める東京10区補選には、民進党新人の鈴木庸介氏(40)▽…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです