メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

カジノ法で会期再延長「問題だ」 自民に不満噴出

首相官邸で行われた政府与党政策懇談会。この後の政府・与党協議会で公明党の不満が噴出した=首相官邸で2016年12月20日午前11時27分、川田雅浩撮影

 公明党と自民党の間のすきま風が表面化した。公明の井上義久幹事長は20日の国会内での政府・与党協議会で、「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)成立のために国会会期を再延長した自民の対応を「問題だ」と批判した。自公両党は東京都議会でも小池百合子都知事への対応で溝を深め、自公連立政権では異例の事態が生じている。

 超党派のIR議連が主導した議員立法のカジノ法に関し、公明党内ではギャンブル依存症への懸念から反対論…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです