メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
唐津市議選

同姓同名が立候補予定者に 選管、対応に苦慮

 佐賀県唐津市の市議選(22日告示、29日投開票、定数30)で、立候補を予定している同姓同名の2人と市選管が投開票への対応に苦慮している。2人は現職と新人の「青木茂」さん。他の立候補予定者との公平性の観点から2人に限って市選管が有権者に積極的に周知することは難しく、両候補予定者の選挙運動の“自助努力”に委ねられた格好だ。

 2人はいずれも無所属で、4期目を目指す現職(56)と新人(43)。市選管によると、漢字も読み方も同…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです