メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

唐津市議選

同姓同名が立候補予定者に 選管、対応に苦慮

 佐賀県唐津市の市議選(22日告示、29日投開票、定数30)で、立候補を予定している同姓同名の2人と市選管が投開票への対応に苦慮している。2人は現職と新人の「青木茂」さん。他の立候補予定者との公平性の観点から2人に限って市選管が有権者に積極的に周知することは難しく、両候補予定者の選挙運動の“自助努力”に委ねられた格好だ。

 2人はいずれも無所属で、4期目を目指す現職(56)と新人(43)。市選管によると、漢字も読み方も同じ立候補予定者は同市では初めて。全国でも過去に3~4例しかない。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです