メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美濃加茂市長選

前市長の藤井氏 “信任”得た格好だが…

藤井浩人氏

 逆転有罪判決を受けて市長を辞職した岐阜県美濃加茂市の前市長、藤井浩人氏(32)が29日、「信を問う」と自ら仕掛けた出直し選挙で再選を果たした。藤井氏が刑事被告人の立場で市長を続投することに市民から“信任”を得た格好となった。しかし、「若さに期待している」と支持する声に対し、「選挙の必要はなかった」との批判も多かった。

 藤井氏は午後9時過ぎ、集まった支持者らとともに「美濃加茂市の発展のために頑張ろう」と連呼した。その後のインタビューでは、「市民一人一人の声を受け止めたい。自信を持って信をいただいたと胸を張って市長職を全うしたい」と述べた。また、6月1日の任期満了に伴い実施される次期市長選について藤井氏は「その先も続けられるよう市長職に全力を尽くす」と出馬に意欲を示した。万歳三唱は「まだ次の選挙がある」として控え…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです