メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

インドネシア 不正疑惑、アプリで監視

ジャカルタ特別州知事選の投票所で、スマートフォンを使って開票結果を入力・送信するボランティア=ジャカルタで2月15日、ジャカルタ支局助手エドナ・タリガン撮影

 <くらしナビ 選挙に行こう>

 インドネシアで2月15日、州知事や市長を選ぶ統一首長選挙がありました。約710万人の有権者を抱(かか)えるジャカルタ首都特別州の知事選では、超(ちょう)党(とう)派(は)の市民ボランティア約1万8000人がスマートフォンを使って開票速報を行い、注目を集めました。

 インドネシアでは投票締(し)め切(き)り後すぐに、各投票所で開票が公開で始まります。票数の書類が送付された選挙管理委員会で集計されます。ですが、首都特別州の投票所は約1万3000カ所もあり、最終確定まで12日間もかかります。

 メディアや調査機関は投票所に人員を配置し、独自に開票速報しますが、全部をカバーするのは困難です。ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです