メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連合東京

「都民ファースト」と政策合意 民進離党増も

 東京都議選(7月2日投開票)で、民進党の支持組織である連合東京(岡田啓会長)が、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と政策合意をして、公認候補者の一部を支援することが4日、関係者の話で分かった。民進の公認候補も従来通り支援するが、離党届を出しても支援を受けられるため、民進に離党届を出す候補がさらに増える可能性がある。

     関係者によると、連合東京は、既に民進に離党届を提出し、都民ファーストから公認を受けた元都議などを中心に支援する方針という。連合東京の幹部は「今年度予算を決める都議会定例会なども注視してきたが、小池知事の労働政策は我々の主張と大きな違いはない」などと、小池氏を評価。「我々がこれまで応援してきた候補者には、民進を離れても引き続き頑張ってもらいたい」と述べた。一方、民進の公認候補への支援もこれまで通り続ける考えだという。

     民進は公認候補が36人いたが、都民ファーストからの出馬を目指した7人が既に離党届を出している。【柳澤一男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    2. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]