メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙のいろは

投票所運営、若者も参加

投票所の事務作業に従事する高専生=岩手県一関市で16年7月10日、二村祐士朗撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 選挙の投票所や開票所などで事務作業を行うのは、大人(おとな)だけではありません。近ごろは、高校生や大学生が、投票所の運営や投票の啓(けい)発(はつ)に参加する姿も見られます。国政選挙で初めて18歳(さい)選挙権が導入された2016年7月の参議院選挙では、各地でこうした取り組みがニュースとなりました。

 選挙事務の委(い)託(たく)は、各地の選挙管理委員会が、人(ひと)繰(ぐ)りのためなど必要に応じて…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです