メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’17都議選

民進で「知事に物申す」 逆風、とどまる現職 公認36人中、14人離党届

通勤客らが行き交う中、政策を訴える民進党の大西智都議(左)=東京都足立区の西新井駅前で2017年4月26日、柳澤一男撮影

 東京都議選(7月2日投開票)を前に、離党者が相次ぐ民進党の立候補予定者が苦境に直面している。これまでに公認候補36人のうち、14人が離党届を提出。党勢が衰える中、とどまった候補は「民進」の看板を背負って、街頭でマイクを握る。【柳澤一男】

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 大阪メトロ御堂筋線で焦げ臭いにおい 運転見合わせ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです