メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院区割り

暫定色濃く 法案閣議決定、再び格差拡大も

 政府は16日、衆院選の「1票の格差」を是正する「区割り改定法案」を閣議決定し、国会に提出した。2015年国勢調査人口を基に試算すると、20年まで最大格差はぎりぎりで2倍未満に抑制される見通しだ。ただ、今回の改定は暫定色が濃く、22年以降に予定される抜本改革までに格差が再び広がる懸念はぬぐえない。

 与党は同法案を今国会で成立させる方針。施行は7月ごろの見通しで、その後の衆院選は新たな区割りで実施される。

 今回の改定により、青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で小選挙区数はそれぞれ1減する。比例代…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです