メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

都議選まで1カ月 小池氏、現実路線に 風読み、単独過半数断念

「都民ファーストの会」の総決起大会で、候補者らとボードを示す小池百合子東京都知事(中央)=東京都目黒区で1日、小川昌宏撮影

 夏の政治決戦となる東京都議選(7月2日投開票)が迫ってきた。小池百合子知事が代表に就いた地域政党「都民ファーストの会」は、現段階で公認候補予定者を48人に抑え、公明党などと合わせて都議会の過半数を目指す現実路線にシフト。2013年の前回選挙で圧勝した自民党は引き続き都議会第1党を目指す。「小池人気」は選挙戦にどう影響するのか。23日の告示に向け、各党の準備が本格化する。

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです