メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決戦の現場

’17都議選/上 総力戦、候補は埋没 都民フに対抗 自民、閣僚動員

街頭で有権者に訴える立候補予定者=東京都千代田区で、小川昌宏撮影

 「小池都政にノーを言えるのは自民党だけです!」。東京都の中心・千代田区。告示日を5日後に控えた18日、7期を務め「都議会のドン」と呼ばれた内田茂氏の後継者として自民が擁立した新人の中村彩氏(27)は雨の中、街頭で訴えた。横には地元区議らが並ぶ。無党派層が多く定数1の同区は、党派の勢いが反映される「象徴区」とも言え、総動員の戦いが展開される。【柳澤一男、円谷美晶、大迫麻記子】

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです