メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決戦の現場

’17都議選/中 公明、国と都使い分け

街頭でチラシを配布しながら支持を訴える、都議選立候補予定者=東京都北区で20日、渡部直樹撮影(画像の一部を加工しています)

 「知事を私に代えてくれたように都議選はもう一つの車輪である議会を新しくするチャンスです」。17日、東京都北区で開かれた都民ファーストの会都議団幹事長、音喜多駿氏(33)の決起大会で、代表の小池百合子知事が有権者に訴えた。音喜多氏への応援入りは21日ぶり。都民ファーストは国政で自民と連立する公明と、都議選では政策協定を結ぶ。小池氏は北区で公明党の現職、大松成氏(56)の応援を優先してきた。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 菅長官、ワクチン「まずは国内で製造販売」 国際枠組みでは「優先供給されない」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです