メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決戦の現場

’17都議選/下 民進、埋没に危機感

多くの人が行き交う駅前で支持を訴える立候補予定者=東京都世田谷区で19日午後5時48分、渡部直樹撮影(画像の一部を加工しています)

 「多くの課題が山積しているにもかかわらず、安倍内閣はさっさと国会を閉じた。『共謀罪』は内心の自由を脅かす権力側に都合のいい法律だ」

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです