メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

「1票」何を重視? 有権者に聞く

都議選が告示され、候補者の第一声を聞く支持者ら=東京都品川区で2017年6月23日午前10時4分、後藤由耶撮影

 東京都議選(7月2日投開票、定数127)が23日、告示された。子育て環境の整備や高齢化への対応。豊洲市場への移転問題や東京五輪の準備。さまざまな課題が顕在化する都内で有権者は何を重視し、1票を投じるのか。

待機児童解消して

 投票先を決めていないという目黒区の大学1年生、森戸優月(ゆつき)さん(18)は「昨年の都知事選は、テレビなどでもたくさん報道されていたので分かりやすかったが、今回は情報があまり多くないので、まだ分からない」と話す。候補者を選ぶ上で、重要視するのは、待機児童の解消だという。「私も将来、東京で働きたいと思っているので、待機児童が多いと、安心に働けるか心配になる。これからもっと働く女性は増えていくと思うので、女性が暮らしやすいよう、解消に取り組んでくれる人に議員になってほしい」と期待を込めた。

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです