メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
都議選

浮動票獲得に躍起 各党、党首級を投入

応援演説を聴く住民ら=東京都内で2017年6月26日午後4時52分、宮本明登撮影(画像の一部を加工しています)

 7月2日投開票の東京都議選で、小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」と自民党の勢いが拮抗(きっこう)する中、浮動票の行方に各党が神経をとがらせている。24、25日の期日前投票者数は18万4571人と、前回同期より5万6682人も多く、投票率アップが見込まれる。毎日新聞の世論調査では有権者の57%が投票先を決めておらず、自民党は26日、安倍晋三首相自ら応援に入って票を掘り起こす、都道府県議選では異例の戦術に出た。

 「新しい議会が良くて古い議会が悪いというのは間違っている」。文京区での個人演説会で、首相は都民ファ…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです