メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

浮動票獲得に躍起 各党、党首級を投入

応援演説を聴く住民ら=東京都内で2017年6月26日午後4時52分、宮本明登撮影(画像の一部を加工しています)

 7月2日投開票の東京都議選で、小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」と自民党の勢いが拮抗(きっこう)する中、浮動票の行方に各党が神経をとがらせている。24、25日の期日前投票者数は18万4571人と、前回同期より5万6682人も多く、投票率アップが見込まれる。毎日新聞の世論調査では有権者の57%が投票先を決めておらず、自民党は26日、安倍晋三首相自ら応援に入って票を掘り起こす、都道府県議選では異例の戦術に出た。

 「新しい議会が良くて古い議会が悪いというのは間違っている」。文京区での個人演説会で、首相は都民ファ…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです