メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’17都議選・混迷の先に

築地豊洲移転/中 問われる議会の検証力

高層マンションが林立する豊洲で街頭に立つ都議。都議選後の議会で議論は深まるか=東京都江東区で、佐々木順一撮影

 「豊洲市場は6000億円の予算が執行されたのに、土壌対策はいまだに不十分。議会がチェックしてこなかったせいです」。都議選告示日の第一声。「都民ファーストの会」の代表を務める小池百合子知事は、移転を進めた自民党をけん制した。これに対し、自民の下村博文都連会長は都議選候補者の個人演説会で「知事のイエスマンばかりの集団に都政を任せて大丈夫か」と応酬。小池氏の主張に追従する都民ファーストを批判した。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです