メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’17都議選・混迷の先に

築地豊洲移転/下 ブランドは築くもの

仲卸売場に立ちプロの目利きで魚を選ぶ後藤基治さん=東京都中央区の築地市場で2017年5月31日午前6時38分、宮間俊樹撮影

 裸電球が照らす石畳の通路に威勢の良い声が響く。慌ただしく荷台付きの小型車「ターレ」が行き交い、鮮魚店や飲食店の「買出人(かいだしにん)」たちが、氷敷きの魚と対峙(たいじ)する。朝6時半。全国一の取扱量を誇る築地市場(東京都中央区)の仲卸売場が活気づく。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1182文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです