メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
’17都議選・混迷の先に

築地豊洲移転/下 ブランドは築くもの

仲卸売場に立ちプロの目利きで魚を選ぶ後藤基治さん=東京都中央区の築地市場で2017年5月31日午前6時38分、宮間俊樹撮影

 裸電球が照らす石畳の通路に威勢の良い声が響く。慌ただしく荷台付きの小型車「ターレ」が行き交い、鮮魚店や飲食店の「買出人(かいだしにん)」たちが、氷敷きの魚と対峙(たいじ)する。朝6時半。全国一の取扱量を誇る築地市場(東京都中央区)の仲卸売場が活気づく。

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1182文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです