メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’17都議選

あす投開票 党首力、支持つかむか

 東京都議選(7月2日投開票)が最終盤に入った30日、都民ファーストの会と第1党を争う自民党では、安倍晋三首相が告示後3回目の選挙区応援で支援を訴えた。一方、都民ファーストを率いる小池百合子知事は公明党との連携をアピール。民進党や共産党など他党は、安倍政権への逆風を利用して支持を広げようと懸命になっている。有権者に「党首力」が認められるのはどの党か--。

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです