メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

2日投開票 議会改革、各党が公約で競う

 「古い議会でなく新しい議会にする」(小池百合子東京都知事)のか、「仕事ができる議会か、できない議会かを決める」(安倍晋三首相)のか--。観点こそ分かれるが、2日投開票の東京都議選では、各党とも改革の姿勢を公約で競ったり議会の知事への追従をけん制したり、議会のあり方を問うている。

 小池氏が代表の都民ファーストの会は、「加計学園」問題などを引き合いに「そんたくだらけの古い都議会を新しく」を掲げる。公約には、不当な口利きを禁じる条例制定のほか、議員公用車と政務活動費による飲食は「100日以内に廃止または禁止する」などと…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  2. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  3. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです