メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階氏「落とすなら落としてみろ」 メディアを批判

自民党の二階俊博幹事長

都議選の応援演説で

 自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都国分寺市での都議選の応援演説で「どういうつもりで書いているか知らないが、我々はお金を払って(新聞などを)買っている。そのことを忘れてはだめだ」とメディアを批判した。「落とすなら落としてみろ。マスコミが選挙を左右すると思ったら大間違いだ」とも述べた。

     政権に批判的な報道への圧力ともとれる発言は、厳しい選挙情勢に対するいらだちの裏返しといえそうだ。二階氏は選挙に対する自身の心構えを紹介し、「万一のこと(落選)になった場合はしょうがない。おれもルンペン、あなた方もルンペンだ。だから頑張る以外にない」と自民党候補への支持を訴えた。

     二階氏は29日、弾道ミサイル発射などを続ける北朝鮮を精神障害者に対する差別的な言葉で批判し、直後に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。今後、注意していきたい」と述べたばかりだった。【水脇友輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い
    2. 憲法ルネサンス 最低賃金 なくせ貧困、不幸比べ
    3. 加計問題 「丁寧」一転、首相言葉に詰まる 閉会中審査
    4. 民進党 野田幹事長が辞意表明 蓮舫代表は衆院くら替え
    5. 加計問題 潔白、証明できず/集団無責任体制

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]