メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

都民審判、厳しい目「安心して暮らせる街に」

都議選候補者らの最後のお願いに聴き入る有権者ら=東京都豊島区で2017年7月1日午後7時51分、竹内紀臣撮影

 東京都議選最終日の1日、各陣営は街頭で最後の訴えに声をからした。各党とも党首や幹部クラスを投入するなど、国政選挙並みに力を入れてきた9日間の選挙戦はフィナーレを迎え、都民の審判を待つ。市場移転問題や少子高齢化対策など都政の課題が山積する中、稲田朋美防衛相の応援演説での問題発言などに注目が集まった選挙戦。候補の訴えは有権者に届いたのか。

 「ああいう政治家のいる党に任せて大丈夫なのかと疑問に感じる」。新宿区で候補の演説を聞いていた会社員、小山瑠里子さん(29)は選挙戦後半に飛び出した稲田防衛相の発言に厳しい目を向けた。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです