メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党内に不満高まる 改憲日程、疑問視も

自民党臨時役員会に臨む安倍晋三首相=東京都千代田区の同党本部で2017年7月3日午前10時6分、川田雅浩撮影

 自民党内では安倍晋三首相や執行部への不満の声が出始めた。閣僚の一人は「党内は荒れる。これで荒れなかったら自民党はなんなんだ、という話になる」と漏らした。党の憲法改正案を今秋の臨時国会で示すとした首相主導のスケジュールを疑問視する声も強まっている。

 「ポスト安倍」を狙う岸田文雄外相は3日午前、東京都内で記者団に「選挙結果に国会議員の言動が影響したという指摘を多くいただいている」と敗因を指摘しつつ、「私は内閣の一員。(首相と)ともに努力しなければならない」と述べて政権を支えるとした。石破茂元幹事長は2日深夜、「都民ファーストが勝ったというより、自民党に懸念や疑問が持たれている。問われているのは自民党だ」と語った。

 自民ベテラン議員は「経済最優先に戻るしかなく、憲法改正の旗は降ろすのではないか」と述べ、首相の党運営が厳しくなるとみる。中堅議員からも「憲法改正はできないし、やらせない」との声が上がった。

 政権内でも厳しい受け止めが相次ぐ。首相周辺は「予想外に負けた。政策的な問題ではないが、(政権への打撃は)大変なことになる」と身構えた。官邸に近い党幹部は「憲法の論議など、さまざまな国政の課題に影響が出るだろう」と語った。一方、政府高官は「党内で足を引っ張る人はいないだろう。政権運営への影響はあまりないと思っている」と党内の動きをけん制した。【高橋恵子、加藤明子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
  2. 大分県警 暴力団親交者との不適切な交際など 不祥事続く
  3. 北朝鮮 台湾も対北制裁措置 貿易を全面的に禁止
  4. ORICON NEWS 元つんく♂プロデュースの演歌歌手・歌恋、整形した過去を告白
  5. 恐喝未遂 坂口杏里容疑者逮捕 ホストに「写真ばらまく…」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]