メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

投票率51.27% 7.77ポイント上昇

投票箱に投じられる1票=東京都中央区で2017年7月2日午前11時23分、竹内紀臣撮影

 2日の東京都議選の投票率は51.27%で、過去2番目に低かった前回(2013年)の43.50%から7.77ポイント上昇した。旧民主党が政権交代前に都議会第1党に躍進した前々回(09年)の54.49%には及ばなかったが、有権者の関心の高まりを反映した結果になった。

 都選挙管理委員会によると、期日前投票者数も135万5163人と前回(89万7410人)の約1.5倍となった。確定投票率は男性51.02%、女性51.52%だった。

 昨年8月の小池百合子知事就任以降、市場移転や東京五輪・パラリンピックなど都政を巡る報道が続いたことに加え、小池氏が地域政党「都民ファーストの会」を設立し、都議会自民党との対決姿勢を明確にしたことで都政に注目が集まったとみられる。さらに、学校法人「加計学園」問題や稲田朋美防衛相の問題発言が無党派層の政治への関心を高めたことも投票率アップの一因になったとみられる。

 過去の都議選では、旧民主が大敗し自民に政権が戻った後の13年など、国政で自民が安定している時は投票率が下がる傾向がある。一方、旧民主が躍進した09年は無党派層にも投票行動が広がり、反自民の「風」が吹いた。【関谷俊介】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前田敦子 “世界一の大泉洋ファン”自負も「大泉の…」と呼び捨て 笑い止まらず
  2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  3. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
  4. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  5. 森友 「特例」指摘次々 値引き「根拠不十分」 検査院

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]