メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、歴史的惨敗 議席半減

テレビの開票速報を見つめながら顔をぬぐう、自民党の下村博文・東京都連会長=東京都千代田区の同党本部で2017年7月2日午後10時27分、渡部直樹撮影

 東京都議選(定数127)は2日投開票され、小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」は49人が当選、追加公認を合わせて55議席を獲得し、都議会第1党に躍進した。選挙協力した公明党などの支持勢力と合わせて79議席となり、過半数(64議席以上)を大きく上回った。自民党は「加計(かけ)学園問題」や都議選応援での稲田朋美防衛相の問題発言などもあり、現有57議席から半分以上減らし23議席となる歴史的惨敗。公明党と同議席数となり、政権に大きな打撃を与えるのは必至となった。投票率は前回(43.50%)を上回る51.27%だった。

 小池氏は2日夜、東京都新宿区の開票センターで記者会見し「『新しい議会を』という言葉が胸に響いたのではないかと思う。新しい都政、新しい議会で新たな一歩を築きたい」と述べた。告示日時点の公認候補50人のうち49人が当選し、追加公認した都民ファースト推薦の無所属候補6人と合わせ計55人の大勢力となった。

 自民は60人を擁立したが、加計学園問題や「共謀罪」法の採決強行などで内閣支持率が急落。さらに選挙戦で稲田防衛相が「自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」と、自衛隊の政治利用とも取れる発言をした影響で、都議会議長ポストを巡る贈収賄事件で10人超の自民都議が訴追された1965年、旧民主党が躍進した2009年の38議席を下回る史上最低の議席数となった。

 下村博文都連会長は3日未明、党本部で報道陣に対し「大惨敗だ。責任を取って都連会長を辞任する」と語った。

 23人を擁立した公明は都議会自民との決別後、初の都議選となったが、組織戦に加えて小池氏が積極的に各候補の応援に入ったこともあり、全員が当選を果たした。前回は無党派層を取り込み、議席を倍以上の17に伸ばした共産は19議席に増やした。

 前回旧民主が15議席を獲得した民進は23人を公認したものの、離党者が相次ぐなど党内の足並みが乱れ、議席を5に減らして都議会第5党に転落した。【樋岡徹也】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城県 壇蜜さん起用のPR動画配信中止へ
  2. 夏の高校野球 広陵・平元投手と中村捕手 失敗機に協力
  3. 東京メトロ東西線 朝の茅場町駅で人身事故 9万人に影響
  4. 米紙 トランプ氏へ批判強める 「民主主義の脅威」
  5. 中央道・土砂崩れ 雨量基準以下 中日本、通行止めにせず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]