メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

自民「国政」に泣く

自民党の劣勢が伝えられ、厳しい表情を見せる同党の下村博文・東京都連会長=東京都千代田区の同党本部で2017年7月2日午後8時44分、長谷川直亮撮影

 2日投開票された東京都議選、自民党は「加計(かけ)学園問題」や閣僚らの相次ぐ失言などで逆風が吹く中、苦戦を強いられた。東京都千代田区の党本部に設けられた開票センターでは午後8時過ぎから、下村博文都連会長らが険しい表情で開票状況を見守り、重苦しい雰囲気に包まれた。

下村氏「謙虚に反省」

 投票締め切りと同時に「自民大敗」の情勢が伝えられると、会場に詰めかけた関係者からはため息が漏れた。60人の候補者の名前が並ぶボードにも、午後9時半までに当確を知らせる花はひとつもなく、下村氏は「国政レベルの問題で大変な逆風が吹いた」と語った。

 自民にとっては都議会第1党の死守が最重要課題だった。市場移転問題や東京五輪・パラリンピックの会場見直しを巡り、小池氏が結論を先送りしたことで「決められない知事」と批判。選挙中は安倍晋三首相も応援に入るなど、徹底した組織戦を展開した。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです