メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議選

小池知事への検証、働くか

東京都議選で候補者の名前に緑色の花が並んだボードの前で笑顔を見せる小池百合子都知事=東京都新宿区で2017年7月2日午後8時57分、小川昌宏撮影

 「小池都政の是非」とみられていた選挙戦の争点は、日増しに「安倍政権の是非」に色合いを変えた。過去にも都議選は国政に翻弄(ほんろう)されてきたが、今回選ばれた都議は2020年東京五輪・パラリンピック後に深刻な人口減少へ向かう首都の将来に責任を持つ。もっと活発な政策論争があるべきだった。

 小池百合子知事は都議会の自民支配に切り込み、情報公開を進めた。築地市場の豊洲移転や五輪会場など、大型事業もためら…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです