メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

区割り改定法

自民「6減」調整に見通し 16日施行

小選挙区が減る6県における自民党の調整状況

 衆院選の「1票の格差」を是正する「区割り改定法」は16日、施行される。6県(青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島)で小選挙区数を1減するほか、13都道府県で選挙区の区割りが変わる。自民党は小選挙区からあふれる現職議員について、比例代表で「優遇」して早期に決着させる方針だ。6県のうち三重、鹿児島の2県はすでに決定。熊本県も見通しがつきつつあり、難航してきた調整が進み始めている。【水脇友輔、真野敏幸】

 「6県の第1号だ。みんな納得をしている。ほかの県も順次決めていきたい」。自民党執行部と鹿児島県連は…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです