メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市長選

現職と新人2人、無所属の3人の争いに

 任期満了に伴う横浜市長選は16日告示され、3選を目指す現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦▽新人の元衆院議員、長島一由氏(50)▽新人の元市議、伊藤大貴氏(39)--のいずれも無所属の3人が立候補を届け出た。投開票は30日。

     民進党は、旧民主党時代の2009年市長選で単独推薦した林氏と、元民進党市議の伊藤氏との間で自主投票とした。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致への賛否や、林氏が進めてきた待機児童対策の評価などが争点。【杉山雄飛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
    2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
    4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
    5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]