メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現職と新人2人、無所属の3人の争いに

 任期満了に伴う横浜市長選は16日告示され、3選を目指す現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦▽新人の元衆院議員、長島一由氏(50)▽新人の元市議、伊藤大貴氏(39)--のいずれも無所属の3人が立候補を届け出た。投開票は30日。

     民進党は、旧民主党時代の2009年市長選で単独推薦した林氏と、元民進党市議の伊藤氏との間で自主投票とした。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致への賛否や、林氏が進めてきた待機児童対策の評価などが争点。【杉山雄飛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
    2. 吉良ワイキキビーチ 西尾の新パーク、23日にオープン /愛知
    3. 都市対抗野球 日本通運の阿部投手がノーヒットノーラン
    4. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
    5. 過労自殺? 新国立建設の現場監督、遺族が労災申請 残業、月200時間弱

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]