メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城知事選

選挙戦スタート 現新3氏が立候補

 任期満了に伴う茨城県知事選が10日告示され、現職知事最多の7選を目指す橋本昌氏(71)▽新人で元IT企業役員の大井川和彦氏(53)=自民、公明両党推薦▽新人でNPO法人理事長の鶴田真子美氏(52)=共産党推薦--の無所属3人が立候補を届け出た。投開票は27日。

     県市長会や連合茨城などの推薦を受ける橋本氏に、経済産業省出身で菅義偉官房長官らの後押しを受ける大井川氏と日本原子力発電東海第2原発(同県東海村)の廃炉を掲げる鶴田氏が挑む構図。民進党は自主投票。6期24年の橋本県政に対する評価や多選の是非、東海第2原発の再稼働などが争点。内閣改造後初の大型地方選で、安倍政権に対する有権者の判断も注目される。【山下智恵】

    立候補者は次の通り。(届け出順)

    橋本 昌(はしもと・まさる)71知事会副会長(6)無現

    大井川和彦(おおいがわ・かずひこ)53[元]会社役員  無新=[自][公]

    鶴田真子美(つるた・まこみ)52NPO理事長 無新=[共]

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
    3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
    4. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ
    5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]