メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺市長選

公明党が自主投票へ

 任期満了に伴う堺市長選(10日告示、24日投開票)で、公明党大阪府本部が自主投票とする方針を固め、党本部に申請したことが2日、分かった。7日の党本部中央幹事会で正式決定する。

     市長選には、無所属で3選を目指す現職の竹山修身氏(67)と大阪維新の会公認の元大阪府議、永藤英機氏(41)が立候補を表明している。竹山氏は自民、民進両党の推薦を得たほか、共産党などでつくる市民団体の自主的な応援を受けており、選挙戦は2013年の前回選と同じ「維新対反維新」の構図になる見通し。

     公明は自民と国政で連立与党を組む一方、大阪では国政選挙で維新と候補者をすみ分けており、「どちらかに肩入れするのは難しい」(府本部幹部)としている。【山下貴史】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 週明けに都心も大雪警戒 低気圧通過、強い寒気
    2. 鹿児島の公園 刺された女子高生「振り向きざま後ろから」
    3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
    4. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)
    5. 鹿児島の女子高生刺傷 あす1週間 住民の不安消えず 登下校の安全確保を強化 刃物発見も、男立ち去る /鹿児島

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]