メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
名護市長選

自民焦り、擁立難航 移設推進派に公明難色

名護市長選を巡る与党の相関図

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題が争点となる名護市長選(来年2月4日投開票)で、自民党の候補者擁立作業が難航している。立候補に意欲を示す名護市議は辺野古移設の推進役とされ、辺野古移設反対を掲げる公明党県本部が支援に難色を示しているためだ。政府は来秋の県知事選の前哨戦として名護市長選を重視しており、擁立の遅れに神経をとがらせている。

 「大丈夫なのか。大事な選挙だ。勝たなきゃいけないから」

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです