メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志位・共産委員長

衆院3補選共闘 民進に「協議を」

 共産党の志位和夫委員長は14日の記者会見で、10月22日投開票予定の衆院3補選に関し、「野党統一候補を擁立するための協議の場を作ってほしいと民進党に提起している」と述べた。共産党は3補選全てで既に公認候補を擁立。民進党は青森4区と愛媛3区で候補を決めており、前原誠司代表に協議を迫った形だ。

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです