メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝照塾

国政見据え「若狭塾」開講 10月にも新党

小池知事の関与が焦点に

 東京都の小池百合子知事に近い若狭勝衆院議員は16日、都内で政治塾「輝照(きしょう)塾」を開講し、約200人の塾生が参加した。細野豪志元環境相らと来月にも新党を結成する方針を固めており、次期衆院選で立てる候補者を育てる狙いだ。小池氏がどの程度関与するかが、新党の浮沈のカギを握りそうだ。

 「アベノミクスでGDP(国内総生産)はたらたら成長しているが、希望につながっていない」。初回講師として招かれた小池氏は、政治の閉塞(へいそく)感を指摘し、「国政をしっかり学び、しがらみのない政治を進めてほしい」と塾生にエールを送った。若狭氏は記者団に「知事にはいろんな教示をいただき、連携したい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです