メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院

解散、22日以降最終判断 首相方針、自公幹部が支持

 安倍晋三首相は18日、衆院解散の時期について「(米国から)帰国後に判断したい」と記者団に述べ、22日以降に最終判断する考えを示した。28日召集予定の臨時国会冒頭に解散し、「10月10日公示-22日投開票」の日程で衆院選を実施したい考えだ。一方、自民、公明両党の幹事長、政調会長らは18日夜、東京都内で会合を開き、「緊張感を持ち、協力して対応する」と首相の判断を支持することを確認した。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです