メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院

解散、22日以降最終判断 首相方針、自公幹部が支持

 安倍晋三首相は18日、衆院解散の時期について「(米国から)帰国後に判断したい」と記者団に述べ、22日以降に最終判断する考えを示した。28日召集予定の臨時国会冒頭に解散し、「10月10日公示-22日投開票」の日程で衆院選を実施したい考えだ。一方、自民、公明両党の幹事長、政調会長らは18日夜、東京都内で会合を開き、「緊張感を持ち、協力して対応する」と首相の判断を支持することを確認した。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです