メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選

金子元国交相が不出馬へ 岐阜4区

金子一義元国土交通相

 自民党の金子一義元国土交通相(74)=衆院岐阜4区=が、次期衆院選に立候補しない意向を固めたことが20日分かった。後援会幹部らに19日に伝えた。高齢などが理由とみられ、21日に開く地元後援会で正式に表明する見通し。

     後任候補は党県連が公募する方向で調整している。

     金子氏は1986年に旧岐阜2区から立候補して初当選し、現在10期目。2003年に行政改革担当相として初入閣した。衆院予算委員長や国交相、県連会長などを歴任した。

     衆院岐阜4区には、民進党県連代表で現職の今井雅人氏(55)=比例東海=と、日本維新の会の新人で元岐阜県可児市議の佐伯哲也氏(47)が立候補の意向を示している。【岡正勝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
    2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
    3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです