メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選

金子元国交相が不出馬へ 岐阜4区

金子一義元国土交通相

 自民党の金子一義元国土交通相(74)=衆院岐阜4区=が、次期衆院選に立候補しない意向を固めたことが20日分かった。後援会幹部らに19日に伝えた。高齢などが理由とみられ、21日に開く地元後援会で正式に表明する見通し。

     後任候補は党県連が公募する方向で調整している。

     金子氏は1986年に旧岐阜2区から立候補して初当選し、現在10期目。2003年に行政改革担当相として初入閣した。衆院予算委員長や国交相、県連会長などを歴任した。

     衆院岐阜4区には、民進党県連代表で現職の今井雅人氏(55)=比例東海=と、日本維新の会の新人で元岐阜県可児市議の佐伯哲也氏(47)が立候補の意向を示している。【岡正勝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]