メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

谷垣前幹事長不出馬へ 自民党幹部に電話で意向

自民党の谷垣禎一前幹事長=2016年4月、猪飼健史撮影

 自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京都5区=は20日、10月22日投開票が予想される次期衆院選に立候補しない意向を固めた。党関係者によると谷垣氏本人が20日、党幹部らに出馬を見送ると電話で伝えた。谷垣氏は昨年7月にサイクリング中に転倒。頸髄(けいずい)損傷で入院し、歩行訓練などのリハビリに努めていた。

 谷垣氏は弁護士出身で現在12期。1983年に初当選し、国家公安委員長や財務相、国土交通相などを歴任した。野党時代の2009年に自民党総裁となり、12年末の第2次安倍政権発足後は、法相や幹事長として安倍晋三首相を支えた。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 全国で新たに592人確認 3カ月ぶり500人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです