メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

25日に解散を正式表明 所信演説行わず

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は25日午後に記者会見を開き、28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散する方針を表明する。圧力重視の対北朝鮮政策の継続や、2019年秋の消費税率10%への引き上げによる増収分を教育無償化などに充てる方針を示し、国民の理解を得たい考えだ。

 会見に先立ち、首相は公明党の山口那津男代表と会談し、こうした方針を伝える。政府は当初、28日に首相が所信表明演説を行ったうえで解散する案を検討していたが、野党が演説に対する代表質問など審議を徹底するよう求めて反発したため、演説を断念する。臨時国会で予定していた北朝鮮制裁決議も見送られる見通しだ。

 野党は冒頭解散に反発している。民進党の前原誠司代表は21日の会合で「立法府を愚弄(ぐろう)する行為だ」と批判した。【村尾哲】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  2. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
  3. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く
  4. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁
  5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]