メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院解散

これでいい? 有識者「憲法の規定逸脱」

解散制度がある主要国の議会の在任期間

先進諸国は行使に抑制的

 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で断行する衆院解散。政府・与党は「首相の専権事項」とするが、「大義なき解散」との批判は強い。海外に目を転じると、解散制度を持つ主要国では解散はむしろ減り、任期いっぱいまで務めて信を問う傾向が強まっており、国際的な潮流とはかけ離れた日本の解散の状況が浮かぶ。首相の「大権」はどこまで許されるのか。【佐藤丈一、福永方人】

 「解散は首相の専権事項だ。安倍政権は国会に丁寧な説明を行っており、そのような考えは全くない」。菅義…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです