メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

民進北海道連 道内全小選挙区で野党共闘の方針

民進党道連に野党統一候補の擁立を要請する「戦争させない市民の風・北海道」の上田文雄・元札幌市長=札幌市中央区で2017年9月22日、藤渕志保撮影

 民進党北海道連は、次期衆院選で道内12の小選挙区すべてで野党候補を一本化させる方針を固めた。週明けにも党本部に伝える。

 民進は7、11区を除く計10人、共産は5区以外で11人の公認候補予定者が決まり、社民は比例北海道ブロックに候補者を擁立する見込み。

 複数の関係者によると、道内の全小選挙区で候補者を民進か共産に絞り込み、各党が選挙協力することを検討する。札幌市で23日に連合北海道、北海道農民連盟との合同選挙対策本部の初会合を開き、方針を確認する。

 道内では2016年4月の衆院5区補選で、無所属新人候補を民進、共産、社民、生活(当時)が野党統一候補として支援(落選)。民進党道連はその後も、党本部に対して野党共闘の必要性を訴えてきた。【藤渕志保】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「美しい顔」と芥川賞=中森明夫

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]