民進党の高木義明元文科相

長崎1区後任は故・西岡武夫元参院議長の長女、西岡秀子氏

 民進党の高木義明元文部科学相(71)は24日、長崎市であった党長崎県連の会合で次期衆院選への不出馬を表明した。今期限りで政界を引退するとみられる。県連は衆院長崎1区の後任候補として、新人で故・西岡武夫元参院議長の長女、西岡秀子・県連副代表(53)の擁立を決めた。

 高木氏は過去2回、衆院選長崎1区で自民党候補に敗れ、比例代表で復活当選している。「なんとしても(小選挙区の)議席を奪還しなければならず、勝てる候補者がいればバトンタッチしようと考えていた」と述べた。

 高木氏は1990年の衆院選に旧民社党公認で出馬し初当選し、現在9期目。2010年には菅直人内閣で文科相を務めるなど民進党の重鎮だった。

 長崎1区には自民現職の冨岡勉・元副文科相(69)と共産新人の牧山隆氏(60)も出馬予定。【浅野翔太郎】