メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

25日に「衆院解散」表明 「安倍改憲」争点に

憲法改正の争点化を巡る各党の主張や思惑

自公協力に不安

 安倍晋三首相は25日に記者会見を開き、28日開会の臨時国会冒頭に衆院を解散する方針とその理由を説明する。「解散の大義がない」との批判が与党内にもくすぶる中、憲法に自衛隊を明記する方針を公約の柱とするよう首相が自民党に指示したことには、選挙協力をする公明党が困惑。民進党など野党4党は「安倍改憲に反対」で足並みをそろえており、改憲に積極的な新党なども巻き込んで、安倍改憲への賛否が衆院選の主要な争点の一つになる見通しだ。

 24日のNHK討論番組では、憲法改正をめぐる自民、公明両党の温度差が鮮明に表れた。

この記事は有料記事です。

残り2201文字(全文2460文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです