メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独総選挙

メルケル首相4選目確実 新興右派、国政進出へ

 【ベルリン中西啓介、三木幸治】ドイツ連邦議会(下院、基本定数598)総選挙の投票が24日行われた。即日開票され、公共放送ARDが同日午後6時(日本時間25日午前1時)に発表した出口調査に基づく得票率予測によると、メルケル首相率いる中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が32.5%で、首相4選の公算が大きくなった。中道左派・社会民主党は20%。排外的な新興右派「ドイツのための選択肢」(AfD)は13.5%で国政への初進出が確実となった。

 総選挙の最大の争点は難民問題。メルケル氏は「人道危機」として、2015年以降で135万人に上る中東…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  3. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです