メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の党

小池都知事会見詳報(1)「日本に足りないのは希望」

 東京都の小池百合子知事は25日、国政新党「希望の党」の設立を表明した。記者会見の詳報は次の通り。

 この度、「希望の党」を立ち上げたいと存じます。これはですね、これまで若狭さん(若狭勝衆院議員)、細野さん(細野豪志元環境相)はじめとする方々が議論をしてきたけれど、リセットして、私自身が立ち上げるということで、直接、絡んでいきたい。

 ただし都政については、私は現在も都知事なのでしっかりとやっていく。むしろ都政をより磨きをかけていく、さらにスピード感を確保していくために、国政に何らかの関与が必要であろうということ。改革、保守、これら(の条件)を満たす方々が新しい勢力を作ることは、都政にとってもプラスだ。

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです