メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望の党

小池都知事会見詳報(3)「都選出議員の対応が、背中を押した」

 --これまで知事は「都政にまい進していく」と言っていましたが、その知事の国政に踏み出さなければいけないと背中を押したものは何ですか。全国に候補者を立てていく、候補者の選び方はどうしますか。

 小池氏 多岐にわたる点で、国会ではでき切らないので、東京で先に示したい、先に実現していったほうが早いんじゃないかと考える部分も多々あった。例えば待機児童対策も大変、スピード感を持って、東京都は進めてきた。

 具体的に言えば、オリンピック、パラリンピックの準備で、お金の話でいうと、国はパラリンピックの一部だけ負担してもらう形に今、なっているが、組織委員会、国、東京都と、もっと全体で関わっていただくことで盛り上がるのではないかと持っている。そういう意味では、宝くじを頼ることになったのも、国の方にお願いできない、国からサポートもらえないならばとういうことで、全国の知事にお願いし……。総務省にもお願いしたの…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです