メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

首相解散表明 後付け「大義」矛盾

臨時国会冒頭での衆院解散の意向を表明する安倍晋三首相=首相官邸で25日午後6時26分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が25日の記者会見で衆院解散・総選挙に踏み切る理由に挙げたのは「消費増税分の使途見直し」と「北朝鮮対応」だった。いずれも与野党が問題意識をほぼ共有するテーマで、選挙の争点とは言い難い。「大義なき解散」批判をかわそうと急ごしらえの大義を後付けした結果、首相の説明は随所にほころびが目立った。「森友・加計」問題の説明とともにその矛盾点を指摘し、国民に信を問う意味を考える。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです