メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院解散表明

野党「森友・加計隠し」 反発強める

 野党は、安倍晋三首相の衆院解散方針を学校法人「森友学園」「加計学園」の疑惑隠しが目的だと批判してきた。首相は25日の記者会見で「選挙は民主主義における最大の論戦の場」だと強調したが、臨時国会での審議を求めてきた野党は納得していない。衆院選では首相の政治姿勢が争点になりそうだ。【真野敏幸、光田宗義】

 民進党の前原誠司代表は25日、「野党が憲法に基づいて国会開会を求めたのに無視し続け、ようやく開くと思ったら解散。まさに『敵前逃亡解散』だ」と首相を厳しく批判した。

 共産党の志位和夫委員長も記者会見で「(解散の)大義はもともとない。臨時国会冒頭解散をする理由はもりかけ(森友・加計)隠し以外にない」と述べた。首相が解散の理由に消費増税分の使途変更や北朝鮮対応などを挙げたことに対しては「後で取って付けた理屈」と切り捨てた。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  2. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです