メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

山尾志桜里氏の対応苦慮 愛知7区で各政党

離党届の提出後、記者を前にコメントを読み上げる山尾志桜里氏=国会内で2017年9月7日、後藤由耶撮影

 民進党を離党し、無所属で衆院選愛知7区に立候補予定の山尾志桜里衆院議員(43)への対応に政党が苦慮している。共産党愛知県委員会は26日、愛知県内の公認候補予定者を発表し同党の予定者はほぼ出そろったが、7区は対応を保留した。民進党愛知県連も7区について「白紙」とするにとどめている。

 共産党は当初、安保法制などを巡り共闘してきたとして山尾氏を次期衆院選の統一候補と想定し、愛知7区の独自候補擁立は見送る方針だった。しかし、山尾氏の週刊誌問題で再考を迫られた。

 26日記者会見した愛知県委員会の石山淳一書記長は「不祥事で離党し、4野党の枠組みから外れたため、独…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです