メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

民進、事実上解党 「希望」に合流へ 前原氏は無所属 きょう解散

仙台市内で会合に出席した民進党の前原誠司代表=2017年9月27日午後6時59分、喜屋武真之介撮影

 民進党の前原誠司代表は27日、10月22日投開票予定の衆院選で、同党の立候補予定者のうち希望者が、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)から立候補することを容認する方針を固めた。事実上、民進党が解党し、希望の党に合流することとなる。小池氏を野党再編の先頭に置き、安倍政権批判の新たな受け皿として、政権奪取を狙う。このため公示前に、小池氏が衆院選への出馬を表明するとの見方が広がっている。安倍晋三首相は28日、衆院を解散する。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです