メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

会見の「国難突破解散」 国難は「ボク難」?

記者会見で今月28日に衆院解散することを正式表明する安倍晋三首相=首相官邸で2017年9月25日午後6時17分(代表撮影)

 その言葉に驚いた人も多かっただろう。安倍晋三首相が25日の記者会見で口にした「国難突破解散」。大義なし、自己都合という世間の衆院解散への批判に、少子高齢化と北朝鮮の二つの問題を挙げ反論したかに見える。いずれも深刻な問題だが、それが本当の解散理由なのか。【福永方人、小国綾子】

 実際、この表現に違和感を抱く有権者は少なくなかったようだ。首相の会見直後、ツイッター上に「おまえが国難」という言葉があふれ、拡散数の多いキーワードを集めた「トレンド」に入った。

 この言葉に続けて生活実感や疑問をつづる投稿が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. ORICON NEWS 『TGC』初の“無観客”で開幕 ランウェイトップバッターは中条あやみ

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです