メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

選挙カー、慌ただしく準備に追われ レンタル会社

急ピッチで製作が進む選挙カー=大阪府大東市で27日、小関勉撮影

 10月10日公示の衆院選に向け、選挙カー専門のレンタル会社「イイダコーポレーション」(大阪府大東市)では、候補予定者らからの問い合わせが相次ぎ、選挙カーの準備に追われている。

     同社は45年にわたって選挙カーを製作、レンタルしてきた。前回2014年の衆院選では約50台を貸し出した。しかし、今回は突然の解散で、公示までの準備期間が短く大変だという。

     選挙カーは、「ステージ」と呼ばれるスピーカーや照明の付いた候補者の演説用の台をワゴン車の上に固定して製造。同社では、休日返上で従業員がステージの取り付けなどの作業に追われている。

     同社顧問の飯田正紀さん(73)は「今回の選挙は準備期間がなく慌ただしい。新党の立候補予定者からの申し込みもあり、貸し出しは約60台に増えそうです」と話した。【小関勉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レイプドラッグ 意識失い性的被害 公判で不利な立場にも
    2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
    3. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    4. 米国 大物プロデューサーがセクハラ ハリウッド有名女優も被害
    5. 土記 カズオ・イシグロの父=青野由利

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]